舞い、恋

この曲の表示回数 17,118
歌手:

中山優馬


作詞:

岩田秀聡


作曲:

岩田秀聡


言葉をただ並べて それは何かを隠すかのように
唇重ねた それが最後の温もりだった

冬が香りその度に思う 色褪せないままの二人が
零れた涙に君が映る それが手のひらで一つはじけた

恋は雪のように 儚く溶けては
二人を白く染めて
サヨナラ、サヨナラと 舞い上がれ夢よ
その背中にずっと 永遠を重ねてた

記憶が話しかける それは今でも変わらない日々
少し広い部屋に 君の笑顔が見えてた

街は光り恋人が集う 目を閉じてあの日を思ってた
溢れた涙に君を想う 二度と戻れない時を感じた

恋は花のように 儚く散っては
心に棘を残し
サヨナラ、サヨナラと 信じてた夢よ
この空にずっと 永遠を探してた

消えることはない 思い出になっても
寂しげなその瞳は いつまでも僕の中に…

恋が終わるように 舞い落ちた雪が
僕の時間を止めて
恋は雪のように 儚く溶けては
二人を白く染めて
サヨナラ、サヨナラと 舞い上がれ夢よ
その背中にずっと 永遠を重ねてた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:舞い、恋 歌手:中山優馬

中山優馬の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-26
商品番号:JECN-0382
ジャニーズ・エンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP