試聴する

夏の谺

この曲の表示回数 8,120

誰にも云わずに 帽子もかぶらずに
眩しい夏の午後 この手引かれ歩いた

恋人みたいに 歩幅を合わせて
道端の夏の花 名前呼んで讚えた

今ふり返る まだ幼くて
ただ混乱してた

Summer この胸に ほら溢れてる
あのまま変わらない歌

見上げる長い坂 たくさんの白い輪
踏んで登るその中に 軽い目覚め見つけた

見渡す街並み 遠くに港まで
微笑んだ横顔 とても近く感じた

今甦る まだ知らなくて
ただとまどっていた

Summer 汗かきて びしょぬれの開襟も
そのまま抱きしめられた

Summer この胸に ほら溢れてる
あのまま変わらない歌

眩しい夏の午後 この手引かれ歩いた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の谺 歌手:クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンドの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003/05/21
商品番号:BSCL-30014
サブスタンス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP