靄がかかる街

この曲の表示回数 5,737
歌手:

藍坊主


作詞:

藤森真一


作曲:

藤森真一


車道から雨の音 窓ガラスに映る黄色
あの日から動かない 生乾きの時を泳ぐ

手すりベランダ何かが在った痕 君が忘れた涙の後
嗚呼 微かな笑みを浮かべた後、耳を塞いだ

靄がかかる街 カーテンが揺れてた 鳥のやうに そう 鳥のやうに
流れ 朝の音を聞くのなら 燃ゆるは靄の斜影

悲しみは雨の音 喪失が疼く色彩
あの日から動かない 閉ざされた扉を叩く

君の唇 聞こえたクラクション 柔らかな羽で飛んでく
嗚呼「さよなら」か「ありがとう」か 分からないまま

荒れ果てた部屋で ゆらりゆらりとシャツを纏い
会いにいくよ さあ 会いにいくよ
靄がかかる街 カーテンが揺れてた 鳥のやうに そう 鳥のやうに
流れ 朝の音を聞くのなら 燃ゆるは靄の斜影
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:靄がかかる街 歌手:藍坊主

藍坊主の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-12-10
商品番号:TFCC-86496
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP