季節のすきまで

この曲の表示回数 2,453
歌手:

江口洋介


作詞:

YOSUKE EGUCHI


作曲:

YOSUKE EGUCHI


雨上がりの道を かさをひきずる音
思い出にならずに 胸がつまって
遠ざかる君とは ちがうものを見てたけれど
ふたりで本当の心見つめあった あの夜
流れてく季節のすきまで
さびしさがつぶやくこんな夜

最後の言葉も うまく聞けなかった
ぬくもりを感じてた 手をはなさずに
抱きしめてやさしい夜を何度もたしかめて
夢の半分をかさね歩いた この道
立ち止まる小さな冬に
遠ざかるあの日の夜が
流れてく季節のすきまで
くりかえし君を見ていた

たとえ冷たく時が君を変えても
変わらない変わらない この思いは

君のいる遠くの街にも
過ぎていく小さな冬が
流れてく季節のすきまで
さびしさがつぶやくこんな夜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節のすきまで 歌手:江口洋介

江口洋介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-04-01
商品番号:POCH-1495
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP