ボクハナク

この曲の表示回数 3,738
歌手:

及川光博


作詞:

鈴木博文


作曲:

鈴木博文


ぼくは泣く きみを愛し切れない
夜が明けた 窓辺で
ぼくは泣く ドアを開けたままで
飛び出した トランク

もう帰らない やりかけの恋が
まだ腕に あたたかい

こう触れていた
ぼくよりも大切な きみなのに
わからない

ぼくは呼ぶ きみが走り抜けてく
陽が当たる 歩道を
ぼくは呼ぶ 橋にたどり着いても
止まらない 風の日

もう帰らない もう戻らないきみの
愛よりも 冷たい
もう流れて 散ってゆくよぼくの
朝をみた なみだ

そう 悲しみと
ぼくは 同じくらいの川となり
海へゆく

こう触れていた
ぼくよりも大切な きみなのに
わからない

そう 悲しみと
ぼくは 同じくらいの川となり
海へゆく

こう触れていた
ぼくよりも大切な きみなのに
わからない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ボクハナク 歌手:及川光博

及川光博の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-12-22
商品番号:WTCS-1001
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP