男の純情

この曲の表示回数 12,514

男いのちの 純情は
燃えてかがやく 金の星
夜の都の 大空に
曇る涙を 誰が知ろ

影はやくざに やつれても
訊いてくれるな この胸を
所詮 男のゆく道は
なんで女が 知るものか

暗い夜空が 明けたなら
若いみどりの 朝風に
金もいらなきゃ 名もいらぬ
愛の古巣へ 帰ろうよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男の純情 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

  • 天地人 / ♪命もらった母から母へ
  • hug / ♪手のひらを青空に伸ばして
  • 恋初めし / ♪ひとはひとを好きになり
  • 確信 / ♪掌からサラサラと
  • 龍翔鳳舞 / ♪龍がうねって鳳が舞う

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-21
商品番号:COCP-32206
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP