試聴する

クローン

この曲の表示回数 41,934
歌手:

KANA-BOON


作詞:

谷口鮪


作曲:

谷口鮪


あっという間にもう外の世界は朝になっていた
あっという間にもう扇風機の季節は終わっていた
あっという間にもう近所の少女は大人になって
はっとしている隙に自分自身がわからなくなった

あっという間に想像の世界では僕はスターになってるよ
あっという間に妄想の世界では君に触れているはずなのに
はっとしている隙に手の感覚がなくなってしまうよ
あっという間にクローン
だんだんだんだんおかしくなっていく

「タッチした感覚、クローン」

あっという間に轟音のステージでギャンギャン騒いでいるのさ
あっという間に6畳一間の部屋で一人嘆いているのさ
はっとしている隙にきっと僕らは入れ替わっている
あっという間にそう、もう一人の自分とバトンタッチしている

タッチした感覚、クローン
タッチした感覚、スローモーション

「タッチした感覚、クローン」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:クローン 歌手:KANA-BOON

KANA-BOONの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-04-24
商品番号:RCDA-1030
HIP LAND MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP