試聴する

あ・な・た

この曲の表示回数 5,469

静かな夜風が歌を奏でて
真夏の星座をふたりで見上げた

湿らす瞳にあなたが写り
愛するがゆえの燃える苦しみ

旅立ちにはプレゼント
この心を捧げよう
真実の愛はきっと
永遠さ

どんなに遠くへあなたが行ったとしても
私は約束するから
いくつも月日は流れてゆくけれど
あなただけを見つめて生きて行くこと
いつの日も想っているよ
いつの日も愛しているよ

さようならの後も宿る温もり
窓から差し込む太陽のように

涙に塗れて目覚めた朝も
美しいあなたを愛するあまり…

忘れぬように美空を
仰ぎ見てはあなたの
あの笑顔が見えるよ
星の上

どんなに遠くへあなたが行ったとしても
私は約束するから
いくつも月日は流れてゆくけれど
あなただけを見つめて生きて行くこと
いつの日も想っているよ
いつの日も愛しているよ

どんなに遠くへあなたが行ったとしても
私は約束するから
いくつも月日は流れてゆくけれど
あなただけを見つめて生きて行くこと
いつの日も想っているよ
いつの日も愛しているよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あ・な・た 歌手:ニコラス・エドワーズ

ニコラス・エドワーズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-10-08
商品番号:EDCE-1019
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP