試聴する

ためらう年頃

この曲の表示回数 4,561
歌手:

安西マリア


作詞:

千家和也


作曲:

鈴木邦彦


くちづけのあとはいつも
泪なのね
許してね 別に訳はないの
あたりには 誰もいない
夜の浜辺
うち寄せる波の音がひびく
ふるえて胸に抱かれて
息をひそめる私
あなたの甘い匂いが
肌や黒髪に溶け込む
愛されることはとても
幸せだけれど
今すぐには恐い ためらいの年頃

つなぎ合う細い指が
離れないの
なんとなく今は甘えたいの
足あとが砂にならぶ
夜の浜辺
降りそそぐ月の光青く
泪で濡れた横顔
腕にうずめた私
あなたが何をほしいか
とても痛いほど分かるの
愛されることはとても
幸せだけれど
今すぐには恐い ためらいの年頃
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ためらう年頃 歌手:安西マリア

安西マリアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-08-27
商品番号:TOCT-26628
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP