試聴する

夜風

この曲の表示回数 5,638
歌手:

秀吉


作詞:

柿澤秀吉


作曲:

柿澤秀吉


蝉の鳴き声も聞こえぬほど
無我夢中で走りぬけた堤防の道
通学路とは反対のほうで
通りなれてない道なんだけど

徐々に落ちていく日と
空の色には気づいていたから
とにかくペダルをこいだ

過ぎ去った夜風に花びら
打ちあがる音 背にして
疲れを忘れ速度を上げた
夏空に咲いた花びら
キミと二人で見上げて
やたらとくだらない話でもして
そんなことを思い出してた

流れてく体と景色が
同じ色に混ざっていった

キミも見上げてるかなぁ
この夜空に咲き誇る満開の花

過ぎ去った夜風に花びら
打ちあがる音 背にして
いつかキミと見たあの場所に
今年もまた咲いた花びら
僕は一人で見上げるよ

涙ぬぐいながら走っていくよ
夏草とキミの香りが夜風に揺れるあの場所に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜風 歌手:秀吉

秀吉の新着情報

  • ホバー / ♪言葉が宙に舞ったまま
  • 風に吹かれて / ♪何の為だろうこんな言い訳
  • 明日はない / ♪僕たちに明日はない明後日も
  • 叫び / ♪僕らは強くなれなかった負けて
  • 潮騒 / ♪小さな頃に教わった未来波の

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-07-15
商品番号:LACD-159
LASTRUM

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP