ロンドン街便り

この曲の表示回数 5,210
歌手:

太田裕美


作詞:

松本隆


作曲:

筒美京平


レンガの道に白チョークの線路
想い出は時をさかのぼるわ
あなたは十で私は七つ
バブル・ガムふくらます虹色の中
ロマンスが弾けて消えた

アビーロードの酒場の親父さんたちの
パイプへと昔噺ゆれた
ポパイに似てる錯が腕に
船乗りになるんだと あなたって
あの青い瞳を輝やかせてた

ケセラセラって笑ってごらん
スペインの言葉だとママが言う夜
はじめてのキスに泣いてた

急に私が日本へ帰る朝に
渡された銅貨はもう錆びた
ケセラセラって笑ってごらん
人生は一瞬の夢のようだわ
ロンドンの霧深い朝
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ロンドン街便り 歌手:太田裕美

太田裕美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-09-15
商品番号:SRCL-2080
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP