春のもえがら

この曲の表示回数 4,043
歌手:

bonobos


作詞:

蔡忠浩


作曲:

蔡忠浩


八月の中庭 ひだまりに届いた便箋には春の消印 にじみは鮮やか

驚きと、目を閉じすぐに聴こえる潮騒
過ぎ去ったはずの遠い春のもえがら

物語の枝、それぞれのわれら
もう戻らない、ただそれだけ

春の兆しにも似ているそのまなざし
あなたが髪を結び直すその仕草
なにもかもありありと浮かぶようです
ほんとうの遠くからの便りをどうもありがとう

想い出と砂粒が沈殿してゆく川の底に
わたしの魚はもうしばらく留まるようだ

生まれ損なったあなたの朝を葬り去り
夏の日にいる

春の兆しをとらえていたそのまなざし
あなたが髪を結び直すその仕草
そこにあるはずだったもの、その全て
ほんとうのさよならはとてもあざやか

春の兆しにも似ているそのまなざし
あなたが髪を結び直すその仕草
なにもかもありありと浮かぶようです
ほんとうの遠くからの便りをどうもありがとう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春のもえがら 歌手:bonobos

bonobosの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-05
商品番号:PECF-3079
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP