この曲の表示回数 19,924
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


バイトに遅れて来た君を僕は見て微笑む
どうでもいいことを喋らせて満足をしていたよ
一番大切な言葉だけがなかなか言えない
ちょっとは気付いてよ
また今日も電話してみようか

泣きそうだ

毎晩聴いていたトムヨークの声が懐かしいな
明後日の一年前は最後に話した日だよね

泣きそうだ

あなたのこと見る角度変えて
たまに見せる顔が好きだった

たいした言葉じゃないけど
聞いて欲しかったな
上手くいかないとか合わないとか考えてた僕は

泣きそうだ

テレビの音上げたら怒ったよね
そんなこと思い出して泣きそうだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:she 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-02-06
商品番号:PECF-3038
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP