試聴する

素晴らしい世界

この曲の表示回数 26,998
歌手:

indigo la End


作詞:

川谷絵音


作曲:

川谷絵音


床に寝そべって体温を感じてる
それくらいしか出来ないから
許して

安くもない弁当で身体を満たす
どんどん忘れていって
どんどん失って
ひとりごとが宙を舞う

さようなら
素晴らしい世界
さようなら
素晴らしい世界

ありがとう
こんな僕も入れてくれて
だけどこれからは一人で生きてくよ

午前3時の街灯が身体を照らす
そんなに写さないでよ
恥ずかしいな

帰る場所はあるけど帰りたい場所はない
だんだん変わっていって
揺れながら歩いて
あなたのことを考えてます

さようなら
素晴らしい世界
さようなら
素晴らしい世界

ありがとう
こんな僕も入れてくれて
だけどこれからは一人で生きてくよ

大丈夫そうだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:素晴らしい世界 歌手:indigo la End

indigo la Endの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-04-11
商品番号:PECF-3018
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP