流星

この曲の表示回数 7,778

地球儀の上じゃ数センチばかりの
指先で結べるほどの距離なのに
僕は羽なんてないから 光の速度でもないから
涙が落ちる瞬間に 飛んではいけないけど
流星が空翔る度 一つの願いが長い旅  届いてほしい 送るメッセージ
どんな時だって 君は一人じゃないから ほら見上げてよ
想いを乗せて流れてく 今夜西の空には流星群
小さな光でも 君の心をきっと包み込む それでも不安が消えない時は
会いにいくから 遥か数センチの距離越えて

いつも笑って生きていたいけれど
そうじゃないから出会えたワケもある
大丈夫 僕だって 今も君とおんなじ空の下 また会える日を夢見てるよ
僕らの距離を繋いでる 信じ合える気持ちが流星群
瞼閉じたって 決して消える事などない光 明日に僕が希望抱けるのは
君がいるから 君が信じてくれたから

言葉よりも何よりも伝わるんだ
涙に濡れる夜をいくつも越えて またここで会える日まで

君が悲しみ抱く時 喜びをそっとかみしめる時 空に必ず流れる星

想いを乗せて流れてく 今夜も君の空に流星群
心で繋ぐ手と手確かめて 離さないで
会いにいくから 必ず会いにいくから
わずか数センチの距離越えて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流星 歌手:ダイスケ

ダイスケの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-26
商品番号:ESCL-4180
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP