試聴する

しゃくな8月

この曲の表示回数 5,732
歌手:

岩城滉一


作詞:

島武実


作曲:

宇崎竜童


隙を見せたのは あんたのほうさ
道の向うへ渡る ほんのいっ瞬さ
チラリと目と目が ぶつかり合った
そこが そこが そこがあんたの負けなはず

無口のままで どちらからともなく
素足のままで 寄りそう様に
大きな夕陽を 風を背にして
唯 見てたよな 唯

何が好きなの 孤独・黄昏・砂浜
突然ものうげな顔で 俺をみすえてさ
Ah! 言った言葉ときたらBye-Bye
しゃくにさわるぜ

髪をなびかせ 振りかえりもせずに
海岸通り あてがありそに
大きな外車を 止めてた様だ
もう あえないよな もう

何が好きなの 孤独・黄昏・砂浜
突然ものうげな顔で 俺をみすえてさ
Ah! 言った言葉ときたらBye-Bye
しゃくにさわるぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:しゃくな8月 歌手:岩城滉一

岩城滉一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-08-25
商品番号:TKCA-30669
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP