試聴する

むつのはな

この曲の表示回数 10,650

こういう時って何て言えばいいんだろう
形容しきれない弱さがある
かじかむ手で耳を塞いでたら
逃げ出しそうなあたしと目があった

川面に張った薄い氷の上
渡るかの様に一歩さえ怯む日々
葉の落ちた枝先越しに浮かぶ
信号の明かりだけ揺れていた

自分の嘘、勝手、怠惰があなたを連れ去ってた今
ただ両手に後悔の束を抱え
終電間際にホームで誰かが指さした空に
降りてきた むつのはな

真っ白い雪の下
遠い日を眠らせて
次の春には溶けて 土に浸み込み 川を流れて
その先で宙へ昇る華となるよう

平気なフリしては誤魔化して
タイミング逃してばかりの毎日
不意に襲ってくる闇に
ハッとしてまた我に返り
寒空に淡くShining
浮かぶ灯火の向こう
未だに行けずに躊躇い
隠せず独り彷徨い
日々にCry拭い切れない
想い嘆いても届かない
面影だけそこに残しても
どこかで見切らなきゃしょうがねぇ
分かっていたってUneasy
急かすように過ぎていく月日
次第に降り募り
Ah 辺りは白く染まり

自分の持ち合わす全ての言葉を尽くしたって
そう結局一言『ごめんね』しかもうなくて
雪崩のように押し寄せてくる その諦めた表情と
幸せと気付かぬ日々

この心、身体
この中にまだ残された
砕けていない場所が 留まるように 噛み締めるよに
今は積もる悲しみに委ねている

知らず知らずのうち傷つけ
嘯いてはまた目をそらして
失っては求めて
離してはそっと差し伸べ
時代に取り残されて
すれ違う度確かめて
ただそうして繰り返して
また人知れず人込みに紛れ

真っ白い雪の下
遠い日を眠らせて
次の春には溶けて 土に浸み込み 川を流れて
その先で宙へ昇る華となるよう

こういう時って何て言えばいいんだろう
形容しきれない弱さがある
かじかむ手で耳を塞いでたら
逃げ出しそうなあたしと目があった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:むつのはな 歌手:RAM WIRE

RAM WIREの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP