試聴する

夢のてっぺん

この曲の表示回数 51,109
歌手:

小田純平


作詞:

朝比奈京子


作曲:

小田純平


山犬みたいな眼をしてた
土で汚れた小娘が
抱いた男を幸せに
できる女になりました
ああ、吉野の里にカラカラと
赤い桜の花が降る
どうせあの世に逝く身なら
夢のてっぺん 通りゃんせ

誰が教えた色の道
どこでおぼえた恋の道
二ついっぺにゃ通れない
穴のあくほど 指を咬む
ああ、丹波の女衒(ぜげん)が父さんで
ケチの女将が母さんで
可愛いカムロが妹の
紅い灯ともる 花魁(はな)の家

年季の明けた姉さんの
弱いからだを気遣った
馴染みのお人のふるさとで
所帯をもつと聞きました
ああ、今夜は私のおごりだよ
偉いお方も無礼講
春も朧(おぼろ)の夜桜に
泣かぬ女の うれし泣き

どうせあの世に逝く身なら
夢のてっぺん 通りゃんせ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢のてっぺん 歌手:小田純平

小田純平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-01-15
商品番号:YZWG-5011
エイフォース・エンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP