LOOP

この曲の表示回数 10,606
歌手:

RUN&GUN


作詞:

t@


作曲:

大野宏明


消えてしまいそうな囁きだったけれど
僕の夏が 聴いた
「君のバスが先さ」 それだけでせいいっぱい
約束なんかない

ほどけた 手と手の 隙間
風がふく

裸足(すあし)で棘ふんでも
悲しいキスをくりかえしてる
太陽がいっぱいだったら
優しいってことは
さみしいってことのせい?

君の瞳ってなぜ 誰も写し出さない?
僕の夏が 眠い
読みかけの本ばっかり 何冊も増えていく
終わらない夕立

ほどけた 唇
ぜんぶ 嘘をつく

裸足で影ふんでも
軋んだ気持ちくりかえすだけ
太陽がいっぱいだったら
さみしいってことは
おとなだってことのせい?

裸足で棘ふんでも
悲しいキスをくりかえしてる
太陽がいっぱいだったら
おとなだってことは
優しいってことの意味?

裸足(すあし)で棘ふんでも
悲しいキスをくりかえしてる
太陽がいっぱいだったら
優しいってことは
さみしいってことのせい?

震えるほど 雨に打たれ
大切だって思っても
震えるほど 凍えるほど
唇から僕は乾いてくよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:LOOP 歌手:RUN&GUN

RUN&GUNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/07/10
商品番号:ESCL-9010
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP