GOLD LYLIC 

試聴する

キヲク

この曲の表示回数 216,895

ただひとつだけのキヲク 胸の奥にある
色褪せた紙切れには笑顔が残った

「出逢わなければよかったね」と冗談でもどうして言えただろう
君のその優しさに気付きもしないで何を見てたのだろう

振り向けばいつもそこに君が居てくれるような気がした
薄紅ノ雪が舞って今日も変わらぬ風が吹く
まだ上手に笑えなくて

日が暮れるのも忘れて確かめあうように
あんなにも愛したこと誇りに思った
ためらいもなく好きだなんて言えてしまう君に嫉妬していた
君を好きだと思う気持ちに理由など何も要らなかった

ふたりなら永遠さえ叶うものだと信じていたね
抱き締めたそのぬくもり今もこの手に残ってる
思い出には出来なかった

伝えたいコトがあった それはおかしい程 簡単で
失ってやっと気付くそれはかけがえのないもの

振り向けばいつもそこに君が居てくれるような気がした
薄紅ノ雪が舞って今日も変わらぬ風が吹く
キヲクの中 探していた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キヲク 歌手:Every Little Thing

Every Little Thingの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/05/15
商品番号:AVCD-30349
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP