試聴する

ハンゲツトウゲ

この曲の表示回数 16,351

君と見上げた月明りの下
約束になんてなんの意味もないと知ってた
それでも僕ら交わしてしまった
奏でられるまま歌う人形のように

満たされない欲しがりな君と僕の
最低すぎる契約でそれでも

好きだと言って笑って 抱きしめあって染まって
これ以上なんて到底、掌に余るから愛さないでと
泣いてでも欲しくて
狡さに濡れてもつれ
嘘ばっかりついてるんだ、ずっと。

都合いい真実できれいに包んで
抱きしめて「大丈夫」って言わないで
確かなものを零さないように
見つめながら優しく壊されるようだ

誰ぞ抱く虚しさが僕の胸で濡れ糸をひく。
その先を手繰れば

君が居るって願って 絡まり合って叫んで
「雁字搦めだ」って笑うしかないよ。
此処から飛び降りずにどうして変われるかな。
潔く生きるフリして
嘘ばっかりついていくんだ、きっと。

半分の月が差し掛かる峠をこえて
君にどうやって辿り着けばいい??

好きだと言って笑って 抱きしめあって染まって
これ以上なんて到底、掌に余るから愛さないでと
泣いてでも欲しくて
狡さに濡れてもつれ
嘘ばっかりついてるんだ、ずっと。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ハンゲツトウゲ 歌手:岸田教団&THE明星ロケッツ

岸田教団&THE明星ロケッツの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-10-30
商品番号:1000427829
ワーナー・ホーム・ビデオ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP