試聴する

aino uta

この曲の表示回数 6,247

どこかで今も聞こえる愛の歌
悲しみこらえるように
夜明けまで続いた

夢見たすべては形を変えてゆく
だけど最後にひとつだけ
信じられればそれでいい

言葉にすればいつだってありふれた話ばかりなんだけれど

そんなひとつひとつ僕らには悲しくて嬉しくて
輝きを刻み込んだまま
僕が生きていたそのことをその日々を君だけは知っている

夏の日 南風の匂いと痛み
空の色と戸惑い それは小さな奇跡

誰かが今も歌ってる愛の歌
ずっと慈しむように
夜明けまで続いた

言葉にすればたいして面白い話なんて特にないけれど

そんなひとつひとつ僕らには楽しくて悔しくて
輝きを刻み込んだまま
君が生きていたそのことを誰よりも僕だけは知っている

君と生きていたその日々は永遠の風に舞う愛の歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:aino uta 歌手:織田哲郎

織田哲郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013/10/30
商品番号:KICS-1977
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP