Candy2

In 197666

Candy2

作詞:西勇輔
作曲:In 197666
発売日:2013/10/09
この曲の表示回数:5,679回

Candy2
小さな箱に詰められるだけ
詰め込もうとしていた
Candyじゃ埋まらなくて

東の空 明らむ頃に
目を細めて訝し気に
僕に朝は似合わない

ほらまた太陽が照らし出す
見たくも無い自分の弱さを
全てを暴き出すみたいな光が
笑ってる気がして

探してた答えが
聞き逃した言葉に
あったような気がして
耳を澄ましてみた

けど目を覚ました街の雑踏が
全てを掻き消したんだ

ほらまた蛍光灯は照らす
鋭くて無機質なままに
影すら残らぬようなその光が
僕には明る過ぎたんだ

どうしてまだ明かりは消えないまま
そこで僕を照らすんだ
そうかまだ消えないままの光が
僕の中にあるから

目を開いて
確かめる
Candy Candy

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム