仮面の宴

Takamiy

仮面の宴

作詞:高見沢俊彦
作曲:高見沢俊彦
発売日:2013/07/31
この曲の表示回数:10,212回

仮面の宴
紫の薔薇の香りは
危険な誘惑の予感
その瞳に魅せられて
声を失くした小鳥のよう

許されぬ愛だから
身も心も燃え上がる
無限の闇に堕ちて行く
まるで堕天使のように

またひとつ嘘をついた
ガラスの心を欺くため

あ々 禁断の恋に揺れながら
ため息をつくたびに
身を焦がすほどの激しい Jealousy
炎のエチュード演じてる

もっともっと強く抱いて
愛を残酷なほどに

偽りの微笑みが
この胸に影を落とす
不安の刃が突き刺さる
まるで薔薇の棘のように

またひとつ嘘をついた
ガラスの仮面を纏いながら

あ々 禁断の恋に戯れ
涙涸れ果てたように
身を震わすほどの熱い Ecstasy
罪深きエチュード演じてる

艶やかに美しく妖しく
仮面の宴は永遠に…

あ々 禁断の恋に揺れながら
ため息をつくたびに
身を焦がすほどの激しい Jealousy
炎のエチュード演じてる

もっともっと強く抱いて
愛を残酷なほどに

艶やかに美しく妖しく
仮面の宴は永遠に…

もっともっと強く抱いて
愛を残酷なほどに

もっともっと強く抱いて
愛を残酷なほどに

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム