試聴する

太陽は僕らを照らしてた

この曲の表示回数 46,561
歌手:

19


作詞:

はしもとみゆき


作曲:

岡平健治


はんぱな風にあおられて どこまでも行けるはずだった
肝心かなめのその時、ガスケツバイクを押していたんだ

しくじった僕がいて へこんでる君がいた
地面をけとばし 口ぶえ吹いてた
それでもいつものように 太陽は僕らを照らしてた

かえらない かえれない 二度とかえらないこの時を
この胸にやきつけて 消えない落書きを
笑ってた 笑ってた 君が笑うのが好きだった

吹かれて消える砂けむり ボロ靴はいて追いかけた
壁についてる足あとを もっと上までつけてみたいんだ

つまづいた僕がいて 転んでる君がいた
かわいた声が のどに絡んでた
それでも何も変わらず 太陽は僕らを見つめてた

戻らない 戻れない 二度と戻らないこの時を
この胸が痛くなる 消えない落書きで
正直に 正直に 君と笑うのが好きだった

かえらない かえれない 二度とかえらないこの時を
この胸にやきつけて 消えない落書きを
戻らない 戻れない 二度と戻らないこの時を
この胸が痛くなる 消えない落書きで
目を閉じて ふりかえる 君と一緒なのが好きだった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽は僕らを照らしてた 歌手:19

19の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-09-27
商品番号:VICL-60785
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP