試聴する

花火

この曲の表示回数 17,991

誰もいない砂浜 あなたの面影と戯れ
淋しい気持ちになる
なぜか懐かしい思い

確か7月7日 七夕の夜だったと思う
二人で火をつけ合う
一本ずつの花火

“綺麗だね”と微笑む
あなたの顔が優しすぎて
このまま幸せになれると 信じていたのに

花火 ふたつの花火
燃える 花火だった
花火 ふたつの花火
あの夏へ もう一度 戻りたい

潮風のささやきが
聞こえるようなアパートには
何もなかったけれど
そばにあなたがいた…

二度目の夏の終り
“親に会って欲しい”だなんて
初めて聞くそんな言葉も
愛も嬉しかった

花火 ふたつの花火
まるで 花火だった
花火 ふたつの花火
あなたから火をつけてくれた花火

波にさらわれながら
消える貝殻のように
雨の高速道路
私からあなた奪った

花火 私の花火
あなた 花火だった
花火 私も花火
あなたひとりの花火だった
花火 私は花火
燃え尽たふたりの夏の花火

最後のあなたの声
“これから急いで帰るね”と
今でも留守電に残して
何度も聞いている

誰もいない砂浜…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花火 歌手:研ナオコ

研ナオコの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-09-21
商品番号:PCCA-00640
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP