試聴する

雨ふらし

この曲の表示回数 55,360
歌手:

Cocco


作詞:

こっこ


作曲:

こっこ


その頬は
刺すように
わたしを撫でるけど

胸の谷を
通り過ぎてしまう
離れてしまえば

ここにあるのは
わずかな雨水

ひとつだけ
確かに感じたい
今だけでいいから
重ねて
偽りも 目を開けて
信じましょう
青空が似合う
あなたにも
雨は降る

この指は
噛むように
あなたを舐めるから

汚れた手を
きれいに洗うの
もげてしまうまで

重くあるのは
つめたい足枷

零れてく
こうして溢れてく
飽きもせず
わたしを照らす
聞こえない
それでも叫びたい
届かない
遥か 日溜りに
手を伸ばす

わたしはまた
雲を呼んでしまう
あなたの靴は
汚れてしまう

愛しい人よ
わたしに光を 望まないで

ひとつだけ
確かに感じたい
今だけでいいから
重ねて
偽りも 目を開けて
信じましょう
青空が似合う
あなたにも
雨は降る

零れてく
こうして溢れてく
飽きもせず
わたしを照らす
聞こえない
それでも叫びたい
届かない
遥か 日溜りに
手を伸ばす
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨ふらし 歌手:Cocco

Coccoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-09-05
商品番号:VICL-60770
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP