試聴する

十六夜日記

この曲の表示回数 4,856
歌手:

紙ふうせん


作詞:

橋本正樹


作曲:

後藤悦治郎


三年前の今日の日を
十六夜日記につけてます
まちのはずれの停車場で
思い出残して去ったあなた

ペアルックのセーターが
いまでも壁にかかっています
一人でともす窓の灯と
季節わすれたカレンダー

あなたの訳したラブソング
字あまり無理やり歌ったわ
調子はずれのハーモニー
歌って笑いころげたね

どちらか無理をしてたのね
きっとあなたのほうでしょう
素直な自分になれたから
あなたの町を訪ねます

三年前の今日の日を
十六夜日記につけてます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:十六夜日記 歌手:紙ふうせん

紙ふうせんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-04
商品番号:MHCL-397
Sony Music Direct

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP