試聴する

タワー

この曲の表示回数 8,400
歌手:

KEI


作詞:

ハヤシケイ


作曲:

ハヤシケイ


陰る空が溢した涙
アスファルトを黒く染める
胸の奥を見透かしているようだ

すべて放り投げ出した夜に
あの電波塔へ登ってた
何が見える?足元には

何も変わらない光の束
それは滲んで見えた

誰も気付かないでしょう
僕が居なくなっても
その色はあまりに美しい

誰も見ちゃいないなら
何をしたっていいでしょう?
空しいほど優しい街の隅っこで

誰も触れることをしないから
そこにあるのを忘れてた
君はそれを揺すり起こすのさ

まるで変われないこんな僕じゃ
何も出来ないけれど

決して忘れないでしょう
君が居なくなっても
その声は今でも響くよ

誰も聴いちゃいなくても
君だけに歌うよ
高くそびえるタワーの上から

誰も気付かないでしょう
僕が居なくなっても
その色はあまりに美しい

誰も見ちゃいないなら
何をしたっていいでしょう?
今はここに居たいよ

決して忘れないでしょう
君が居なくなっても
その声は今でも響くよ

誰も聴いちゃいなくても
君だけに歌うよ

空しいほど優しい街の
高くそびえるタワーの上から
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:タワー 歌手:KEI

KEIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013/02/20
商品番号:GNCA-1347
ジェネオン・ユニバーサル

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP