荒城の月

この曲の表示回数 73,096
歌手:

童謡・唱歌


作詞:

土井晩翠


作曲:

滝廉太郎


春 高楼の 花の宴
めぐる盃 かげさして
千代の松が枝 わけ出でし
むかしの光 いまいずこ

秋 陣営の 霜の色
鳴きゆく雁の 数見せて
植うる剣に 照りそいし
むかしの光 いまいずこ

今 荒城の 夜半の月
かわらぬ光 誰がためぞ
垣に残るは ただかつら
松にうたうは ただ嵐

天上 影は 変らねど
栄枯は移る 世のすがた
写さんとてか 今もなお
ああ荒城の 夜半の月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:荒城の月 歌手:童謡・唱歌

童謡・唱歌の新着情報

  • 豊太閤 / ♪戦へば勝ち攻むれば取る
  • 納涼 / ♪ひるまのあつさのなごり見せて
  •  / ♪ひかりはいつもかはらぬものを
  •  / ♪一夜のほどに野も山も
  • ほうほけきょ / ♪小さい子小さい子

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-21
商品番号:VICC-60537
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP