マヤカシ少女

この曲の表示回数 6,348
歌手:

Split BoB


作詞:

Split BoB


作曲:

Split BoB


心の中のマヤカシ少女 化けられる 偽れる
「要らないものは置いてきたの」 真っ白な朝を好んでいる

寂しさを常に抱いて 嘘をつくことも慣れていた
寒くなって雨が増えた 見上げた空に馬鹿にされて

乾いたぬくもりに もう存在意義はない
誰もかれも置き去りにして

傷つく度 少女は笑う あぁ もうすぐ自由になれる
命が削れてしまう前に そう言ってまた眠れぬ夜に…

あふれる才能 大袈裟すぎる プライドだけが身に染みた
誇らしげに語られる 美化された私にサヨナラ

思い描いていたなりたい人物像は 綺麗なもんじゃない
我が両手で首を絞めて喚く ここが舞台か ライトを浴びて

傷つく度 少女は笑う 思い通りに騙されて
命が削れてしまう音を 確かめて眠りにつこうか

まとわりついてるセンセーション そう 本当は怖いだけ
誰もかれも置き去りにして 存在意義を見出す為に

傷つく度 少女は泣いて そうだ これが在るべき姿
命は削れてしまう
だから美的センスが試されているでしょう?

心の中のマヤカシ少女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:マヤカシ少女 歌手:Split BoB

Split BoBの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP