魔法の城、真実の書物。

この曲の表示回数 8,328

最初の頁をめくる指は震えていた。
「総てを知る覚悟があるのか?」と本は問う。

埃に塗れた書物の中には
貴方の記した「真実」が眠る。

深い森の奥に在るお城には
魔法が掛かっていました。
迷い込んだ私は、その本を
手にしてしまいました。

埃に塗れた書物の中には
貴方の記した「真実」が眠る。

震える指先、ゆっくりと動く。
ざわめく暗黒。

────頁をめくった。

そこに記されていたのは貴方が消えた理由。
私が死んでしまったという「真実」が。

「貴方は私を助けるために
魂を犠牲にしたんだ。」

「愛しています」と
書物の最後に刻まれていた。

すべてを思い出した後に
涙が一筋、ぽたり、落ちて────。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:魔法の城、真実の書物。 歌手:春奈るな

春奈るなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-11-28
商品番号:SECL-1222
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP