試聴する

週末だけのPARADISE

この曲の表示回数 8,361
歌手:

杏里


作詞:

杏里


作曲:

杏里


暑い陽射しに通り雨がすぎてく
灼けた素顔が少しはにかんでいる

風が吹けば海へ出るよsailing
気の合う仲間たちと走ってく

波をけちらし週末だけのocean racer
勇気とスリルに涙が出るほどよ
角度を変えてすばやくティラーを切る
どこまでも走り抜けてく Get the wind

海沿いの部屋 夕陽が沈むころに
つぎの夏にもこの海に戻るよと

あなたの目が夢で光る shining
いつも近くで守ってあげたい

潮風吹けばせかす時計の針さえも
見えなくなるのはあなたがいるからよ
貿易風をさえぎるようなKona wind
椰子の葉が音をたててる Sail away
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:週末だけのPARADISE 歌手:杏里

杏里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-06-24
商品番号:FLCF-30133
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP