試聴する

少年は教室がきらいだったのだ

この曲の表示回数 10,007
歌手:

石風呂


作詞:

石風呂


作曲:

石風呂


それぞれ思いはあれども
僕ら、仲良くないね
君たち、知らないんだ
人間ってさ
思いのほか頻繁に
憎悪を持ち出すし
信じられない量の
武器を隠し持って
何食わぬ顔で笑顔を振りまいて
水面下でふっと教室戦争始めんだ

何が起こったって僕らは笑っていた
冗談風味にごまかした、それはあくまでいじめじゃない
愛と平和だって裸足で逃げ出すような
中学校の教室でした

あの頃の僕は逃げ回るのに必死
流れ弾や地雷から
逃げながら生きていた
平穏な日々を得るための代償は一体何だったのか
今なら少しわかるような

何が面白くとも
僕は笑わなかった
最初で最後の青春をゴミみたいに扱って
愛と平和だって唾を吐き捨てるような
中学時代の僕でした

何が起こったって僕らは笑っていた
冗談風味にごまかしたって
辛いものは辛いのになぁ

今日も元気な少年さ

数人程度の友人と小さく笑いあって
毎日を過ごすような
それが一番良いのかな
愛と平和だって目もくれないような
僕らでよかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少年は教室がきらいだったのだ 歌手:石風呂

石風呂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP