PLATINA LYLIC 

試聴する

夢の外へ

この曲の表示回数 276,953
歌手:

星野源


作詞:

星野源


作曲:

星野源


夢の外へ連れてって
ただ笑う顔を見させて
この世は光 映してるだけ

いつの間にか明ける夜
通りを焼く日差し
夢日記は開けたままで
夏は通りをゆく
嘘の真ん中をゆく

ドアの外へ連れてって
ただ笑う声を聞かせて
この世は光 映してるだけ

自分だけ見えるものと
大勢で見る世界の
どちらが嘘か選べばいい
君はどちらをゆく
僕は真ん中をゆく

意味の外へ連れてって
そのわからないを認めて
この世は光 映す鏡だ

いつか 遠い人や国の空
想い届けばいいな
いつか 今は居ないあなたを
目の前に現して
現して

夢の外へ連れてって
頭の中から世界へ
見下ろす町を 歩き出せ

夢を外へ連れ出して
妄想その手で創れば
この世が光 映すだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢の外へ 歌手:星野源

星野源の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012/07/04
商品番号:VICL-36709
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP