試聴する

Graduation

この曲の表示回数 28,895
歌手:

シド


作詞:

マオ


作曲:

御恵明希


紙切れぐらいにしか 思ってなかった
その意味には まだ気づかない

寒空 響いた お別れの歌に
口パクして ボタンはずした

なんとなくで 過ごした三年だったけど
君もきっと 同じだよね

こんな風な毎日が 永遠じゃないと知ってた
だけど僕ら 離れること 疑ってた
出会った頃のままで

この道はいくつも 枝別れの先
繋がってる 君は言った

寒空 響いた お別れの歌が
懐かしくて 会いたくなった

なんとなくじゃ 振り落とされそうなほど
甘くなくて 非力を知って

あの頃はよかったと 笑い合うような真似は
したくないね だけどそれじゃ 進めそうにない
思い出から 始めよう

筒に入れた 紙切れだったはずなのに
今 こうして 証になった

こんな風な毎日が 永遠じゃないと知ってた
だけど僕ら 離れること 疑ってた
かけがえのない日々

あの頃はよかったと 笑い合うような真似は
したくないね だけどそれじゃ 進めそうにない
立ち止まってもいい 思い出から 始めよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Graduation 歌手:シド

シドの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-05-02
商品番号:KSCL-2019
KRE

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP