試聴する

さくら ~とどかぬ想い~

この曲の表示回数 12,434
歌手:

JUNIEL


作詞:

JUNIEL・CUL・Junji Ishiwatari


作曲:

JUNIEL


いつの間に訪れた 春の風 春の匂い
あたたかい桜並木 揺れる木漏れ日浴びて

落ちて来る花びらを ひとつだけつかまえたら
世界中でたった一人 あなたに出会えた気がしたよ

声に声に出した瞬間 桜のように消えてしまったの
夢みたいだった とどかない想いは
It's so sweet and sad flavor

制服の高校生 放課後の校舎裏
お別れが来ることに 気付かないふりをしてる

大丈夫 また会える そう言って手を振るたび
さよならが上手くなる 誰もがそっと大人になる

白く白く心に積もる 桜の香り 白い花びら
ふたり歩いたこの道をずっとずっと歩きたかった

風に踊る桜たちは
いま何を思うのかな
心はまだつぼみのままだけど
いつかきれいな私が咲くよ

声に声に出した瞬間 桜のように消えてしまったの
夢みたいだった とどかない想いは
It's so sweet and sad, It's so sweet and sad flavor
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さくら ~とどかぬ想い~ 歌手:JUNIEL

JUNIELの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-02-15
商品番号:WPCL-11033
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP