変わったかたちの石

この曲の表示回数 37,981
歌手:

KinKi Kids


作詞:

秋元康


作曲:

マシコタツロウ


いつだっただろう?
生まれた街の川で
変わったかたちの
石を拾った

僕の部屋の
出窓の下
ずっと 置いたままで…
「何なの、これ?」
いつも聞かれたよ
「意味はない」と
答えていたけど

僕たちは知らずに
流されて
丸くなって行くんだ
尖ってたあの頃を
忘れない
目印だよ

負けそうになると
この石を手に取った
いびつでいいよと
力をくれた

他人(ひと)と同じ
生き方より
僕は僕でいよう
「まあいいか」と
我慢してしまうと
本音なんて
わからなくなるよ

僕たちは知らずに
流されて
丸くなって行くんだ
尖ってたあの頃を
忘れない
目印だよ

変わってしまうことに
僕は不安だったから
変わらぬもの
近くに置いて 生きて来た

今 僕は
鏡を覗き込み
そっと自分の顔を見る
少年の目をしてるか?
あの日の石 思い出そう

僕たちはそれでも
流されず
もっと自由に生きるんだ
尖ってる自分らしさ
石のように 在り続ける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:変わったかたちの石 歌手:KinKi Kids

KinKi Kidsの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-01-11
商品番号:JECN-277
ジャニーズ・エンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP