旅の終わりに

この曲の表示回数 9,353

夕暮れのベルは僕を一人残す 誰もいない公園
風に揺れていたブランコに現れる 一人の少女はうつむく

大きな瞳に見詰められるままに 足を止めたんだ僕は
どこか哀しげな大人びた瞳に 吸い込まれる様に

僕にだけ見えるその少女は
心の声で 僕に語り出した

この心は 星の階段登り 月の海でそう揺られ眠るの
あなたが孤独の夜渡ったのなら もう一度逢える そう姿は違うけれど
めぐる時...

許されたほんのわずかな時 あなたに逢いに...
きっと見つけるから...

この心は朝露に目覚める様に 蝶々になってそう自由に飛べる
あなたの孤独が報われて咲かせる 花にとまって そう あなたを知るの

優しい光に誘(いざな)われる様に 失う様にそう瞳閉じれば
この旅の終わりに出逢ったあなたと もう一度逢える そう 繋がれたあなたと

その孤独をあなたの未来の為に…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:旅の終わりに 歌手:河村隆一

河村隆一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/08/31
商品番号:YICQ-10065
HPQ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP