冷たい夜

この曲の表示回数 6,404

冷たい夜の月明かりに照らされて
映し出される街の陰に隠れた

信じられるものなんて
もう何ひとつ無いと
行き交う人ごみの中
モノクロの世界に
頷いていたけれど

気付いたんだ君の言葉で
足下に寄り添う花ひとつ

失っても
怖くなんてないと
言い聞かすよに
歩き出した、、、

静けさだけが
僕の胸を埋め尽くし
望むことなど
知らず生きてきたのに

疑うことの意味さえも
もう分からなくて
歪んでく街の中に
正しさを感じ
流されていたけれど

気付いたんだ
君の言葉で
足下に寄り添う
花ひとつ

失っても
怖くなんてないと
言い聞かせても
時は進む、、、

気付いたんだ
君の言葉で
足下に寄り添う
花ひとつ

失っても
怖くなんてないと
言い聞かせても
時は進む、、、
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冷たい夜 歌手:鳳鏡夜(松風雅也)

鳳鏡夜(松風雅也)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-23
商品番号:VPCG-84844
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP