哀しみの足音

この曲の表示回数 7,448
歌手:

大貫妙子


作詞:

ONUKI TAEKO


作曲:

ONUKI TAEKO


こごえた指をあたためて
その胸にひき寄せて
寒い暗闇から私を守って

今夜、心に掛けた橋
渡りましょう二人で
哀しみの足音 しのびよる前に

きっとこの手をはなしたら
あなたのところへ
もう二度と帰ることはできない

あなたを求めさまよった
公園や朝の街
あなたの眼差ですべてを見ていた

もしもクリスマスの夜を
忘れないでいるのならば
ここへもどって来て
降りしきる雪の通りで
あなたを待ちつづけていた
いつまでもこの場所で
あなたを
待っている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀しみの足音 歌手:大貫妙子

大貫妙子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-10-29
商品番号:TOCT-25187
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP