爪の月

この曲の表示回数 4,942

誰も知らない別の私をあなたに見せたい
伸ばした爪がまるで細い月のよう
みんなとはしゃいでるけど早く独りになりたい...
そんな私のこと あなたずっと見ていたの?

泣きなさい、ここで。 月は二人に誘いかける
眠りなさい、蒼い光に浮かぶ雲のベッド
時計の針になって切ない夜をこえよう

失うことを怖れているの?でもこの都会には
永遠などないのよ 夢は夢のまま
いい時だけね 悪くなったら遠ざかる足音
そっと声をかけてくれた人はあなただけ

泣けないの、涙は、もっと悲しい時のために
眠れない、心は、目を離すスキに変わってゆく
マニキュア乾かしてる 二人の未来映して

隣にいないのが不思議になってく
愛はもう ひざの上で消えるおとぎ話

泣きなさい、ここで。 月は二人に誘いかける
眠りなさい、蒼い光に浮かぶ雲のベッド
時計の針になって切ない夜をこえよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:爪の月 歌手:辛島美登里

辛島美登里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-26
商品番号:TOCT-24943
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP