hikari

作詞:津久井恒仁
作曲:津久井恒仁
発売日:2011/06/08
この曲の表示回数:13,393回

hikari
始まりから終わりまで
照らして行こう 二つの光で

暗がりの僕の部屋
一つ外した 土星の輪
真ん中の小さな輝きが教えている

幾度となく点けては消して
あと何回の命だろう
僕らはあと何回
愛し合えるのだろう

何百回、いや、何千回って
計算したって止められない
時間の中で 怯えているのなら

光の速さで今を駆けて行くあなたの
たった一つの未来になりたい
あなたに愛される度に 張り裂けそうな心
今確かな鼓動を刻んで

強くなどなくてもいい
弱さまで見せられればいい
僕らは何もかも同じで全てが違うんだろう

何万回、いや、何億回って
計算したって変わらない
あなただけが僕を照らす光だ

暗がりのこの世界で迷い傷つくあなたの
たった一つの未来になりたい
いつか終わってく永遠も 始まりの瞬間も
照らしだす二つの光で

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:16:45

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. パジャマパーティーズのうた
  4. オレンジ
  5. 買物ブギー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×