nameless story

この曲の表示回数 42,163
歌手:

VALSHE


作詞:

VALSHE


作曲:

minato


夕暮れ伸びる影を追って早まる呼吸に
夢中で気づけなくて 君の声は溶けた

いつでも 言葉にした分だけ強くなった気がした
迷うたび尖った記憶の中で
探し当てた陽光(ひかり)が色の無い物語
手繰り寄せて

俯いた時は思い出す 距離じゃ計れない君の言葉
悲しい夢から覚めるまで
ずっとこの物語は閉じないでおくよ

近くで触れられなきゃ意味が無いと思ってた
どうしてこの瞳は君の「嘘」も映すの?

例えば おとぎ話の中の
あの子の様に自然に振舞えたら君の心の奥に
刻まれていたのかな
寄り添えていたのかな もどかしくて

ほんの少しだけ目を閉じた
眠れない夜が明けてくまで
暗がりの中で手を伸ばす
「どうか、この物語を終わらせないで」

優しい音包まれながら 書きかけた文字滲んだ理由を
目を覚まして空白になったページ 今はさよなら

この物語の結末を 探し続けたい君のそばで
悲しい夢から覚めるまで
ずっと続いてく だから見ていて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:nameless story 歌手:VALSHE

VALSHEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-23
商品番号:VGCD-0204
5pb.Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP