魂の本

この曲の表示回数 7,469
歌手:

中村一義


作詞:

中村一義


作曲:

中村一義


風が止んで、死んだふりしてたら、飛んだ。こう、両手で。
世知辛い世か知んないが、待ってないんじゃ、やってんだ。

電線の束、今日の赤、痛い状態は直感で。
箱ん中ってなぁ重傷で、もう、さっぱわかんないからねぇ。

なにも、かにも?(押し入られ、押しやって。)
ただ僕等は絶望の“望”を信じる。
なんか、わかんないかなぁ…って。

風が止んで、落っこったって、いいや。って、ねぇ涙君。
僕は魂の本に今日のみんなを記すんだ。

何遍言ったって通じやしない、ってこたぁ置いといて、僕ぁ言う。
追い越されっとか、そんなんは、もう、さっぱわかんないからねぇ。

「だれも、かれも…」(空っぽに、噛みついて。)
この言葉の続きを綴る、ただの自由へ。
なんか、わかんないかなぁ…って。

(幸せを、笑みを、守る。)

「そんなのない」って、そうだっけ!? もう…。
ただの地球で??
「なんにもない」って聞いたって、もう、
あんま関係ない冗談、わかんないからね。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:魂の本 歌手:中村一義

中村一義の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-16
商品番号:UPCY-6397
ユニバーサル ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP