最後の道標

この曲の表示回数 5,968
歌手:

霜月はるか


作詞:

日山尚


作曲:

菊田大介


あの空へ問いかけた唇
静かな雨に濡れる

滲み出す記憶を疼かせて
穢(けが)れた日々を拭う

迷える暗闇の狭間で
探した道標

誰もが それぞれの罪に縛られ
鎖を解く 祓しを求める
何を越えた先に 生きている意味は在るのか
言葉に惑う生命(いのち)は 続く世界に沈む

痛みを共にした魂(こころ)が
微かな熱に触れる

失う未来(あした)への扉を
示した道標

誰もが それぞれの刻を数えて
束の間でも 居場所を求める
鐘が止んだ後に 生きていた意味を知るなら
無数に宿る生命(いのち)は 続く世界に眠る

確かな真実を灯した
最後の道標

誰もが それぞれの星に惹かれて
唯一つの 希望(ひかり)を見上げる
夜が明ける度に ここに在る意味を知るだろう
新たに宿る生命(いのち)は 続く世界に廻る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最後の道標 歌手:霜月はるか

霜月はるかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-02-10
商品番号:QECB-22
b-green

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP