試聴する

ひとりの部屋

この曲の表示回数 6,849
歌手:

桜田淳子


作詞:

久保和子


作曲:

高田弘


大きなまどのある部屋は
ほしくなかったのです
ただ私は 屋根の上の星が見えるまどが
ほしかったのです
フッカフッカのベットなんて
ほしくなかったのです
ただ私は 小さな小さな ひざまくらが
ほしかったのです
大きないすなんていりません
ただクリーム色の木のいすで
良かったんです
あなたとならば
大きな幸せなんてほしくなかった…
ただ あの星のように小さくていいから
キラキラ光る幸せが ほしかったんです
わかってほしいのです 私の気持ちを…
あの時の泪は夜中にそっと
ふいてほしかったのです…
誰もいない間に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりの部屋 歌手:桜田淳子

桜田淳子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/08/22
商品番号:VICL-62515
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP