試聴する

茜空

この曲の表示回数 6,078

何年ぶりの茜空だろ
もうずっとこんな景色忘れていたな

見渡すかぎりの稲穂道
自転車を走らせ急いだ家路
カレーの匂いとテレピンの香り
学校の屋上から見た景色

あの日ぼくはぼくは見ていた
沈んでゆく夕日を
今も覚えてる覚えてる
確かに世界は輝いてた

東京に出てきて10年目
それなりにやるコツは覚えたが
景色の見方を忘れては
時々ひとりで泣けてくる

あぁ満員電車と人の群れ
何年たっても慣れません

あの日ぼくはぼくは見ていた
沈んでゆく夕日を
今も覚えてる覚えてる
確かに世界は輝いてた

何気なく見つめてた
窓の外 夕暮れの空
今はもう見かけないコウモリが飛んで

お帰りお帰り
声がしたよ

あの日ぼくはぼくは見ていた
沈んでゆく夕日を
今も覚えてる覚えてる
確かに世界は輝いてた

そうだよぼくはぼくは見ている
沈んでゆく夕日を
今も怖いくらい綺麗だよ
確かに世界は輝いてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:茜空 歌手:ソレカラ

ソレカラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/03/23
商品番号:DLCR-11032
BUDDY RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP