天ノ華(Short ver.)

この曲の表示回数 10,355
歌手:

吉岡亜衣加


作詞:

森由里子


作曲:

鶴由雄


泪(なみだ)よ ひとひら流れてゆけ
白き雪に変わりて
最果ての地の 貴方の許(もと)
想ひ届くやうに

独りで 見上げる夜空深く
三日月も身を細め凍える
あの空 貴方も見てるならば
伝えませう 待ってると 目を閉じて

千里を越へ 見へない糸手繰り寄せ
支へたい 守りたい この命懸けて

泪よ ひとひら流れてゆけ
遙か遠き大地へ
貴方の往く 闇の果てに
雪の明かり点けて

心よ ひとひら彼方へ飛べ
白き羽根を広げて
吹雪の中 向かう貴方
そっと包むために

想い届くやうに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天ノ華(Short ver.) 歌手:吉岡亜衣加

吉岡亜衣加の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-10-27
商品番号:GNCA-7171
ジェネオン・ユニバーサル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP