試聴する

まどい

この曲の表示回数 5,186

落ちていく夕陽 背に浴びて また少し汗をかく
伸びた影のその先で 今宵の月は白く光る
飛びまわっていた鳥たちも 羽根を休め 巣に戻る
こんな見慣れた風景の中 僕は家路をゆく

かどを曲がれば少しずつ あたたかい街のにおい
ふと見上げればもう月は その色を黄に染めた

今日 君とどんな話をしようか
今日 僕は結構 笑える事があったんだ
今日 君はずっと 笑っていられたかな
あぁ 足早になる

まんまるい優しい場所がある
理由なんかない ここにしかない
愛おしいもの 僕らだけのひととき
まんまるい優しい場所がある
あたり前でも ありふれてても
代え難いもの 僕らだけの 特別な 特別な夜

安らぎをそっと噛み締めて 今僕は目を閉じる
この繰り返しの営みを 「幸せ」と僕は呼ぶ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まどい 歌手:Jeepta

Jeeptaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-29
商品番号:JBCP-9001
pure infinity

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP